海外製

エストロゲンに似ているイソフラボンの化学構造

近年の研究で、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに類似していることが分かってきました。
お肌や髪などによい効果があるとされ、コレステロールや、骨を丈夫にする、自律神経のバランスを整えることにも効果があるとされているのです。

脚光を浴びる特徴と効果

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似ている化学構造であるほか、働きも似ています。
女性の美容をサポートする事から脚光を浴びています。
イソフラボンの主な働きとして、新陳代謝を促進して肌を綺麗にしたり、毛髪のツヤとハリを保ったりします。
また、乱れてしまった自律神経を整えるなど、幅広い働きに注目されています。
日常的に効率的に摂取する方法として、食生活を和食にするのが良いでしょう。

イソフラボンと更年期障害の発症予防

イソフラボンの摂取量と冷え性やほてりなどの症状がある更年期障害の発症は大きな関係があります。
更年期障害治療を受けている方にイソフラボンを4カ月間1日30mg摂取したところ、更年期症状の改善がみられたというデータがあります。
さらに、イソフラボンは美肌効果もあります。
イソフラボンの摂取で肌弾力の改善やシワ面積の減少が見られるとともに、保湿機能や肌の明るさに関しても期待できます。

加齢で減少した女性ホルモンを補う

加齢とともに、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少し、そのため、お肌や髪などに影響が出てくると考えられています。
これらの症状を抑えるために、エストロゲンによく似たエストロゲンが効果があることが近年の研究で分かってきました。
お肌や髪以外にも、自律神経や骨にもプラスに影響すると考えられていますので、ぜひご活用ください。

女性ホルモンは年齢とともに減少していくため、お肌のはりや髪の毛などの発毛に影響が出てきます。
そのため、女性ホルモンのエストロゲンに類似した効果がある成分を定期的に取り入れることで、若々しさを保つことができるのです。