海外製

イソフラボンで動脈硬化を予防する

大豆食品を上手に取りいれることによって、動脈硬化や悪玉コレステロールが増えすぎることを防ぐ効果が期待できます。
メタボリックシンドロームや生活習慣病が気になる方は、ぜひ大豆食品をおすすめいたします。

イソフラボンと悪玉コレステロール

イソフラボンは一般的に美容に良い効果をもたらすと注目されています。
また、隠れた働きとして、イソフラボンは動脈硬化を予防するとも考えられています。
その理由としては、イソフラボンは、悪玉コレステロールという動脈硬化の原因を取り除く働きがあるため、さらさらの血液を作り出す事に期待出来るからです。
動脈硬化は命に関わる心筋梗塞などの疾患を引き起こす要因ともなるため、イソフラボンを食生活に取り入れ予防しないといけません。

更年期以降の女性は要注意

動脈硬化は更年期以降の女性は特に注意しないといけません。
女性ホルモンが減少すると善玉コレステロールの減少にも繋がります。
そして、リンゴ型肥満の増加にも大きく影響します。
さらに、血圧が急上昇しやすくなるという特徴もあります。
動脈硬化は日本女性の死因第一位です。
だからこそ、イソフラボンの摂取で活性酸素を抑えるとともに、悪玉コレステロールの酸化予防をすべきです。
さらに、30分程のウォーキングも加えるとなお予防に効果的です。

生活習慣病の予防に効果的

イソフラボンで生活習慣病の予防ができることが知られています。
特に、これらの健康に気になる方は、ぜひ日々の生活で大豆食品を取りいれることを意識されてみてはいかがでしょうか。
現代、多くのメディアで紹介されている、メタボリックシンドロームを防ぐ働きも期待されています。

イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることで、体内の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させることが知られています。
日々の生活で、コレステロールやメタボリックシンドロームなどが気になる方は、ぜひ意識して取りいれてみてください。

健康のためのイソフラボンサプリも参考にしてみましょう。