海外製

犬にイソフラボンを与えて良い?

犬も人間同様、年齢とともに老化していき、体内からエストロゲンが不足すると考えられています。
それを補うために、ドッグフードにイソフラボンを加えたタイプを飼い主が与える方法を取りいれるのも良いでしょう。

消化不良に注意する

犬へイソフラボンを与えるのは、肝機能が良くなると考えられていたり、実際にドッグフードに大豆が含まれている商品が販売されていたりする事から、大きな問題ではないと言えるでしょう。
しかし、食品の中でも豆類は消化が悪い特徴にあります。
大豆そのままを与えるのではなく、消化しやすい豆腐などの状態で与えてあげるのが望ましいです。
適切に食生活に加えると犬のダイエット効果を見込めるとも考えられています。

老化を遅らせる効果が期待

犬も人間と同様に、どんどん老化をしていきます。
当然飼い主としては少しでも長生きしてほしいもので、老化を遅らせる効果があるイソフラボンの効果には興味を持つはずです。
何を持って老化であると判断するのは人それぞれであるものの、肌や毛並みはもちろん、臓器の酸化を防ぐことも該当します。
決してイソフラボンの摂取で健康間違いなしということではなく、犬へイソフラボンを与えるのなら、この点を理解しないといけません。

与え方や日々の生活に注意する

犬も人間同様、年齢とともに足腰が弱ってきます。
特に老齢になった犬は、軟骨が運動によって激しく消耗していくことが知られています。
そのようなことを考えると、犬も老齢に近いほど、イソフラボンをうまくドッグフードなどに取りいれることは効果的な方法ではないでしょうか。

老齢に近づくとともに、犬も自然とイソフラボンが体内から減少してしまう傾向にあります。
これらを補うためのドッグフードも登場していますので、ぜひ犬の健康のためにも、飼い主が工夫して日々の生活の中で取りいれてみてはいかがでしょうか。