海外製

イソフラボンの過剰摂取による生理の遅れ

イソフラボンを毎日の食生活で取りいれたいと考えている方は、過剰摂取には注意してください。
サプリメントや食品で大豆を中心にしてしまうと、取り過ぎになっている可能性がありますので、摂取している総量を確認すると良いでしょう。

摂取量の目安を守る

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれているため、イソフラボンが生理不順を整えてくれる事があります。
しかし、摂取量の目安を超過し、過剰摂取してしまうと返って生理が遅れるケースもあるのです。
アメリカの食品衛生局の調べでは、1日あたりに40mg程度の摂取が望ましいという事で、これは豆腐に例えると1丁の半分程の量です。
普段の食生活で摂取している場合、サプリメントを摂取すると過剰摂取の恐れがあります。

規則正しい生理周期へ

イソフラボンを意識的に摂取すると、女性ホルモン同様に、子宮や卵巣の調子を整えてくれるメリットがあります。
そして、元々不規則な生理周期の方が、意識的なイソフラボンの摂取によって、規則正しい生理周期になった方も少なくありません。
意識的なイソフラボンの摂取をし、生理が遅れている方は、既に通常の食事で大豆を進んで食べている方もいるはずです。
このケースにおいては、イソフラボンサプリメントの併用をしっかり見直した方が良いと言えます。

何事もバランスがポイント

イソフラボンの摂取量ですが、大豆が良いと思っている方であれば、つい取り過ぎてしまう可能性があります。
豆乳であれば、一日300ミリリットル程度が良いとされています。
そのほかの食品にも、おおよその目安がありますので、毎日摂取される場合には加減には注意してください。

イソフラボンの過剰摂取は生理に影響したりすることもあるため、もし健康面に不安を感じたり、何か変化を感じた時にはすぐに摂取をやめるようにしてください。
また、毎日大豆製品を取る場合にはそれぞれの食品から目安を確認しておくと良いでしょう。