海外製

イソフラボンを摂取出来る簡単レシピ

大豆製品を毎日の食生活のレシピの中に取り入れることで、イソフラボンを摂取することができます。
何種類かレパートリーを持っていれば、飽きないで日々の生活で上手にイソフラボン摂取できますのでおすすめです。

  • 豆腐を使った簡単レシピ

  • イソフラボンを豊富に含む食品の豆腐を使った料理が、効率的な摂取におすすめです。
    豆腐ハンバーグはヘルシーで料理方法も簡単です。
    合い挽き肉と豆腐、パン粉、玉ねぎ、コンソメ、塩、卵が必要な食材です。
    一般的なハンバーグと異なる点は、ペースト状にした豆腐を材料に混ぜる部分だけなので、難しい事はありません。
    豆腐単品では習慣的に食べることは難しくても、一工夫加えるだけで、大豆イソフラボンを簡単に摂取出来ます。

    大豆とクリームチーズを合わせたゴマサラダレシピ

    二人分の材料はクリームチーズ60g、キュウリ三分の二、すり白ごま小さじ1、胡麻ドレッシング大さじ3、水煮大豆110グラム入り1缶です。
    まず下準備としては、ザルに水煮大豆を水洗いします。
    次に熱湯をかけて水気をきります。
    クリームチーズは1cm角に切り、キュウリは両端を切り落とすとともに、5mm角に切ります。
    そして作り方は大きなボウルに全ての材料を入れて混ぜます。
    最後に器に盛って完成となります。

    どれくらいの摂取量で良いのか

    イソフラボンを日々の健康に取り入れたい、という方にとっては目安を知りたいと思っている方も多いでしょう。
    お豆腐であれば、おおよそ半分程度、納豆であれば1パックが目安になります。
    現在は、日本食を生活に取りいれる方が少なくなっているため、イソフラボンは食事とサプリでうまく摂取するようにしましょう。

    イソフラボンを上手に取りいれる豆乳や納豆、豆腐のレシピを知っておけば、天然の成分から上手にこれらの栄養素を取りいれることができるため、大変おすすめです。
    古い日本の伝統的な食事の中にも参考例が多くありますから、ぜひ役立ててください。