海外製

欧米寄りの食生活の方にはイソフラボンが良い

食生活が洋食中心になると、高カロリー、高脂肪になりやすく、老化を早める原因となってしまうことがあります。
伝統的な和食である大豆製品を多く摂りいれ、健康にも配慮した生活を目指してみてはいかがでしょうか。

欧米化した食生活と大豆食品
食生活が欧米化している人には、イソフラボンが良いとされています。
欧米の食事には大豆食品が使われる事が少なく、イソフラボンの摂取量が自然と少なくなります。
欧米では肉や脂の多い食生活が多くみられますが、日本食は栄養バランスが取れている事に加え、イソフラボンを摂取出来る大豆食品がよく使われています。
更年期障害を軽減したり、美容に良いため、海外からも注目されています。

欧米女性注目のイソフラボン
イソフラボンは欧米女性から非常に注目されています。
その大きな理由は、閉経後のトラブルが日本人女性と比較すると多いことにあります。
イソフラボンはホルモンバランスを整えるのに効果的で、乳がんや子宮がん防止への効果も証明されています。
欧米人は肉を多く食べる食生活であることから、がんの発症率が高く、必要な摂取量でイソフラボンを摂取するのが望ましいのです。
ただ、過剰摂取をしてしまうと逆効果なので十分に注意してください。

日本食を見直すきっかけに
現在は洋食化が進んでいるのが現状です。
和食では大豆を使う食品が、納豆、豆腐、醤油など多く存在し、健康にも良いとされていました。
大豆製品には若さを保つ効果があることが知られていますので、老化が気になるのであれば一度、食生活を見直すことから初めてみてはいかがでしょうか。

日々の生活であまり和食を取りいれることがない方は、納豆や豆腐などでイソフラボンを日々の食生活に加えるように工夫されることをおすすめいたします。
生活習慣の見直しをするだけでも、健康的で美しい体を保つことができます。